マヌカハニーとローヤルゼリーの違い

マヌカハニーとローヤルゼリー、それぞれ何とな名前を耳にしたことはあってもどんな成分でそれぞれどんな効果があるのか知らないという人は少なくないのではないでしょうか。
この記事では、マヌカハニーがどんなもので、ローヤルゼリーとどう違うのかを詳しく紹介していきます。

マヌカハニーとは

ハニーとついていることからわかるように、マヌカハニーは「マヌカ」という木の花から採取されたはちみつのことです。マヌカはニュージーランドに自生するフトモモ科の低木、現地の方からは「癒しの木」「復活の木」と呼ばれ、古くからさまざまな薬、民間療法の材料として重宝されてきました。

マヌカハニーには一般的なはちみつには含まれていない「食品メチルグリオキサール」と呼ばれるものが含まれており、高い殺菌作用が期待できます。特に胃酸でも死ぬことがないとされている「ピロリ菌」の除菌が期待できるとされ、一時、爆発的に人気を誇ったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。

また、マヌカハニーで感じる甘みは一般的な砂糖などとは成分が違います。マヌカハニーを構成している成分である、フルクトースとグルコースは虫歯を起こしにくいといわれています。虫歯になることは無いとまではいえませんが、日常の歯磨きなどを怠らなければ、そこまで心配は必要ないでしょう。

マヌカハニーとローヤルゼリーの違い

ここまでマヌカハニーとはどのような物なのか、といった点をご紹介してきました。ここからは実際に、ローヤルゼリーとマヌカハニーの違いを効能の面から見ていきましょう。

ローヤルゼリーは毎日の健康や美容効果に期待

女王蜂だけが摂取することを許されたローヤルゼリー。ひときわ大きく育ち、毎日卵を産み通づける女王蜂の生命力を生み出すローヤルゼリーは、豊富な栄養素を含むことから、さまざまな効果が期待できます。

デセン酸やパロチンなどのローヤルゼリー特有の成分が、健康維持やエイジングケアに有効であることは科学的にも証明されています。毎日を元気に過ごしたい、いつまでも若々しくありたいと望む方にとって、ローヤルゼリーはぴったりですね。
また、ローヤルゼリーには生タイプのものはもちろん、サプリメントとして錠剤、カプセル、糖衣錠、チュアブル、ドリンクとさまざまな形状での製品があります。自身の生活に取り入れやすい方法を選ぶことができるのです。

マヌカハニーは胃腸保護に特化

ピロリ菌に対して高い効果が期待できる、といったふれこみで一躍有名になったマヌカハニー。中でも胃腸への保護や予防効果に特化しているということがわかっています。
ピロリ菌は激しい痛みを伴う症状を起こすとして、それだけでも厄介な菌ですが、胃潰瘍や胃がんの遠因ともされています。マヌカハニーを摂取することでピロリ菌の除菌ができるということは、考えているよりもとても大切なことなのではないでしょうか。

また、その高い殺菌作用は口内炎をはじめとする口内のトラブルや、風邪やインフルエンザの予防にも期待できるとされています。おいしくマヌカハニーをいただきながら、健康管理ができるのです。

参考URL
ローヤルゼリーとハチミツ①
http://www.tremonts.com/hatimitu.html
ローヤルゼリーとハチミツ②
http://toukibotouhon.jp/hatimitu.html

それぞれに良さがあるマヌカハニーとローヤルゼリー

ローヤルゼリーはその豊富な栄養素から高い健康効果が期待できます。
人間に必要な必須アミノ酸も多く含まれていて、様々なサプリメントが発売されています。
マヌカハニーはローヤルゼリーとはまた違う栄養が豊富に含まれているはちみつです。
紅茶やヨーグルトにいれたりすることで毎日の食事に摂り入れることができます。

マヌカハニーとローヤルゼリー、それぞれに高い栄養素が含まれているため、合わせて摂取することでより健康で若々しい毎日を過ごすことができるのではないか。
食事に混ぜたりサプリメントで摂取したりとそれぞれの良さをうまく取り入れて毎日の健康に役立てましょう。